ウォーターサーバーの利用に何かデメリットはないの?

ウォーターサーバーの利用を考えるうえでは、メリットだけでなくデメリットもきちんと知っておく必要があります。いい部分、悪い部分を両方知ったうえで、最適な選択をするべきです。そのためにデメリットもきちんと確認しておきましょう。
■たくさんの量を使わなければならない?
業者が一回に運んでくれるボトルの数は、多くが2本ずつに設定されています。つまりボトル1本が12リットルと多い場合には、それを使い切る必要が出てしまいます。水を使うのがノルマのようになってしまっては、本末転倒です。しかし、例え一人暮らしでも24リットル程度は使い切れる人が多いのではないでしょうか。ただし、家にいる時間が非常に短いという人の場合には、そういった使い切れない状況になってしまうかもしれないので、注意が必要です。
■値段はペットボトルの方が得?
純粋に値段だけを比較してしまうと、2リットル100円でペットボトルが買えると考えるならば、やはりペットボトルの方が安くなってしまいます。車で買いに行かなければならないと考え、交通費を含んでもやはり安いでしょう。ただやはり買いに行く労力や時間の節約になるということも事実なので、両方をきちんと比較する必要があります。
■部屋のスペースをとってしまう?
ウォーターサーバーは、特に一人暮らしの人の場合、部屋に置いてみると意外と大きく感じてしまうかもしれません。小さいものでも30センチ×30センチ×60センチ程度はあるので、そのスペースが確保できないと厳しいでしょう。ただ逆に言えば、それだけの空きスペースがある家庭も多いと思うので、そういった方は特に問題はありません。
それだと使わない方がいいの?
ウォーターサーバーのデメリットは、それほど大したものではないので、自分の用途と大きく違ってさえいなければ特に問題ありません。逆に、毎日安全で奇麗な水が家で飲めるという大きなメリットと比較し、どちらが良いかをしっかり考えれば、利用する方がお得と言えるのではないでしょうか。