天然水?RO水?何が違うの?

ウォーターサーバーを利用しようと思ったことはあっても、なかなかあと一歩が踏み出せず、まだ利用したことがない人は多いでしょう。そんな人の中で多いのは、水の種類がたくさんあり、どれが良いのか、自分に合っているのか分からないという人です。そんな理由で利用できていないという人は、まずは水の種類にどんなものがあるのかを知ってみると良いでしょう。そのうえで、自分にあったものをしっかりと選ぶと良いのではないでしょうか。
■天然水ってどんなもの?
天然水とはよく聞くけれども、どんなものなのかは詳しく分からない人が多いのではないでしょうか。まず天然水とは、特定の場所から採水した水を熱処理、ろ過等を行い安全に飲むことができようにしたものです。天然水の特徴としては、自然の中から溶けだしたミネラルが含まれているということがあります。ですので、自然のおいしいミネラルを摂取できるため、味を重視する人にはお勧めの種類となります。
■RO水って何?
RO水とは、逆浸透膜と呼ばれるミクロレベルの膜を使い、不純物をカットした水のことを呼びます。そうすることで純水に近い奇麗な水ができあがります。また、そうすることでミネラル分もカットされてしまうため、新たにミネラルを添加することで、味を良くしているものが多くなっています。。
どっち選んだ方がいいの?
毎日飲む水だからこそ、味で選びたいという人は、自然のままの味、ミネラルを感じられる天然水が良いでしょう。また赤ちゃんがいたりと安全性を重視したいという人は、RO水を利用して、より安全な水を利用するのがよいと言えます。人によってどちらが良いかは変わってきますが、大切なのは、自分にはどちらが的しているかをしっかり考えたうえで選択することです。